ニキビ対策が効果なしの時は?

ニキビ対策が効果ない場合

ニキビ対策を行なっているのに効果が期待できない場合、どのような方法でニキビ対策をしたらよいのか悩んでしまうと思います。ニキビ対策といえば、ニキビケア用品を使う事や高保湿を心がけること、そしてニキビに効果があると言われている食事を摂取することにより対策を行なっていると言えます。

ですが、自分では頑張っているつもりなのにもかかわらずニキビが大量にできてしまった場合、この場合は対策を一旦中止して皮膚科に受診に行くようにしましょう。ニキビができる原因はいろいろあります。乾燥が原因の場合もあればホルモンバランスが原因の時もあります。

ストレスが原因の時などは対策を行なっていてもあまり意味がない時もあるのです。皮膚科の医師に相談することによりニキビによく効果のある薬を処方してもらえます。塗り薬や飲み薬を処方してもらうことによりすぐによくなるということもあるのです。


しかし、なかなか皮膚科の受診にいけない人の場合は対策を続けるしか他ありません。その場合は今行っている対策を少し変更してみるようにしましょう。ニキビの種類やニキビができる場所によってニキビ対策の方法がかわってきます。

自分のニキビがどの種類なのか、どの場所にできているのかを確認して対策方法を練り直してみましょう。ニキビがひどくなり炎症を起こし赤ニキビが大量にできてしまうようなことがあれば必ず皮膚科に受診に行かなければならないということだけは頭にいれておいてください。

ストレス ニキビ

ニキビがひどい場合はどこの病院を受診?

ニキビができてしまい、ひどくなってしまったら病院受診を勧められます。この場合どこの病院に行けばよいのかはニキビができている原因によります。基本的にはニキビができてしまい治療したいと思った場合は皮膚科にいくのですが、ニキビの原因がストレスであったりホルモンバランスの崩れが原因かもしれないと思った場合、女性の場合は産婦人科に行くのがよいといわれています。

産婦人科ではホルモンバランスの検査を行うことができます。ホルモンバランスが崩れている場合はこの検査を行うことによりわかるのです。ホルモンバランスを整えるためには、イライラしないことやリラックスすることが大事だと言われています。

私は子育て真っ最中で子供がなかなかいうことを聞いてくれていないのでホルモンバランスが崩れてしまい月経が遅れることが多々ありました。しばらくしてからニキビがよくできるようになったので皮膚科に受診にいったのですが、産婦人科でも見てもらうようにと言われ産婦人科に行くとホルモンバランスが崩れていると言われピルを処方されました。

ピルはホルモンバランスを整え月経の時期も整えることができるようです。今は子供たちにイライラすることは少なくなりましたし、お肌が荒れることも少なくなりました。原因により受診する科が違いますので自分で思い当たる節がある場合は原因が解決できる科を選んで受診するようにしましょう。わからない場合はまずは皮膚科を受診し医師と相談するようにしましょう。

ピーリング乳輪

ニキビ対策の商品は高い方がいい?

ニキビ対策の一つとして保湿力の高い化粧水や乳液がオススメになります。しかし、高保湿の化粧水や乳液は高いと思っている人が多いと思うのですが、高いものを使う方が本当にニキビ対策になるのでしょうか?この答えはどちらともいえないが正解になります。


なぜかというと、高い物がお肌に合う人にとっては高い物を使う方がよいですし、安い物でも肌に合うのであれば肌にあうものを使えばよいからなのです。乾燥肌は乾燥ニキビを作ってしまう原因の一つになりますのでお肌は乾燥させない方がよいといわれているのです。

化粧水と乳液をセットで使う事によりお肌に潤いを与えてあげることが出来るのです。毎日行うことが理想的ですので、すぐになくなってしまうこともあると思います。費用は自分の懐しだいになりますので、高い物を購入できるのであれば自分の肌にあう高いスキンケア用品を購入する事がいいですね。

もしあまり高い物は購入できないと言うのであれば安い物でも自分の肌に合うものを選ぶのがポイントです。スチーム器なども人気があり保湿効果が高いと言われていますが、値段の方も高めのものが多いのです。使ったらニキビ対策にはなりますが使わなければならないというわけではありません。

自分に合った方法で継続して行っていけるニキビ対策をしなければ対策とは呼べません。自分がスキンケアにかけられる時間や手間を計算して自分のやりやすい方法で行うようにしましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ